湯っこやのみなみさん。

吉原ほのぼの日記

美しく燃える担々麺

四川料理が日本向けに変化した素晴らしい発明品、担々麺。最近どうも中毒気味である。

 

辛い麺はもうしばらくいいかな、と思った翌日翌々日また赤い山椒の良い匂いにつられ向かってしまう…、

 

春は香りの強いものがうまいと言われるせいか、山椒や花椒の香りにもつられがち。

最近出会った美しい花椒味が楽しめる2軒をご紹介したい。

 

①金蠍(きんかつ)

所在地は港区虎ノ門日比谷線神谷町駅のすぐ近く。

 

所用で東京タワー付近へ訪れた帰り、まずは近くの愛宕神社を訪問。

f:id:mtnminami:20210408195445j:image
f:id:mtnminami:20210408195438j:image
f:id:mtnminami:20210408195434j:image
f:id:mtnminami:20210408195442j:image

鯉さん餌付けされすぎなのか、人間が近づくとすごい勢いで迫ってくる(ヒェ)

オロオロと逃げるように石段を降り、桜田通り・神谷町駅方面へ向かう。

f:id:mtnminami:20210408200159j:image

すき家のお隣に赤地×金字のいかにもそれっぽい店構え、ガラスドアにクールな蠍マークがついている。

 

14:40くらいの半端な時間、混雑もなくスムーズに店内に吸い込まれるみなみくん。

 

汁なしの赤い担々麺。

f:id:mtnminami:20210408200435j:image

麺は少し平たくて艶々で、もちもち感がかなり強い。

辛さのあとにカシューナッツの食感やタレの程よいギトギト感が脇を固め、着々とおなかを満たしてくれる。

花椒の痺れ感が強めだが、あくまでも上品な香りで、各要素が美しく強く仕上がっている。

近所じゃないけど、通いたい。

 

 

②175°DENO担々麺(ひゃくななじゅうごどデノたんたんめん)

本店は札幌にあり、東京都内では銀座、西新宿、本郷、神田に支店を構えている。

 

175°(C)というのは特製辣油を仕込むときの温度だそうです。

揚げ物の温度くらいですが、あえて175℃、らしい。料理は化学的要素があるから、きっと何かケミカルな根拠があるのだろう。

 

銀座の所用の帰り、LOFT前の路上白枠に車をとめて店へ走る。

 

汁あり担々麺。

f:id:mtnminami:20210412065515j:image

こちらは別の日の(リピートしてる)、汁無し・麺中盛り。

f:id:mtnminami:20210412065832j:image

素敵な彩りに、花椒がバサバサ振りかけてある。

スープがあっさりこってりから選ぶことができ、白湯ではなくクリアな方の、「あっさり」をいただいた。

サラサラピリピリ、味わいながら汗が流れてくる。

そういえば担々麺って動物の匂いがしないラーメンだな。

花椒の香りに文化的なものを感じる。

 

わたしは3歳くらいから盛岡冷麺という食べ物で激辛に馴染んで育ってきたわけだが、辛味というのは「味覚」とはまた別のものであるらしい(生理学的定義に基づく味覚は、味覚受容体細胞にとって適刺激である苦味、酸味、甘味、塩味、旨味の、「五基本味」)。

辛味による神経刺激として生じているのは「痛覚」、痛みなのである。

 

わざわざ痛いことをする、って自分には無い概念だったが、なんとわたしは痛みを求めて彷徨っていたのか…?

 

そのへんは自分でもまだよくわからないが、唐辛子の温かいお腹でシトロエンといっしょに帰路に着くのは幸せなことだと思う。

 

ちなみに、最初のモノクロの写真は「出世の石段」ではなく、カーブしているほうの2つ目の石段。

個人的には出世はしてもしなくてもいいかなと思っている。

 

ではまた。